地域創造科「地域開発コース」学習の取り組み

第70回日本学校農業クラブ全国大会南東北大会 平板測量競技 最優秀賞(R1.10.24)
 全国大会で、先輩たちの姿から学び高めてきた測量技術を発揮し、最優秀賞に輝き日本一となりました。全国大会式典で最優秀賞と発表され、文部科学大臣賞などを受賞し福井県立若狭東高等学校を全国に大きくアピールしました。地域創造科地域開発コースの坂根・伊藤・田中・木下さんの4人はとても練習熱心で、それぞれが目標を持って前向きに頑張ることで全国優勝という偉業を成し遂げました。      

R2.7.15 2年地域創造科・地域開発コース   R2.7.20 2年地域創造科・地域開発コース 
若狭地区建設業会から藤本様(藤本建設)と   水準測量において、地面の高さを測定するた
辻本様(三和建設)に来ていただき、若狭地   め8つの測点を回りましたが、誤差が大きく
域の建設業についてお話を聞きました。     練習が必要と生徒は感じていました。
生徒の皆さんが疑問に思っている事に丁寧に
答えていただき、建設業について理解を深め
ることができました。

R2.8.17 2年地域創造科・地域開発コース   R2.8.18 3年地域創造科・地域開発コース
水準測量で学校周辺の地盤高を測定しました。  れいなん森林組合の岡様に、実際の作業現場
レベルの設置や移動時に、車や歩行者に注意   において、森林管理のための林道の設置作業
するなど、本格的な測量に挑戦しました。       や、間伐機械などについて説明していただき                          
                       ました。  

1年地域創造科
平板測量で導線法の実習において、4測点を
図面上に作成しました。最初の点に戻ったと
きの閉合誤差が小さく、精度の良い測量がで
きた班がありました。

R2.8.29 体験入学(地域開発コース)